犠牲者の追悼と政府や警察に抗" />

ソウルで大規模ろうそく集会 「国は信用できない」国民の怒り高まる(2022年11月5日)

ソウルで大規模ろうそく集会 「国は信用できない」国民の怒り高まる(2022年11月5日)

 犠牲者の追悼と政府や警察に抗議する「ろうそく集会」が始まりました。ソウル市庁の前から報告です。

 (西橋拓輝記者報告)
 5日午後5時から始まった「ろうそく集会」に集まった人たちは小さなろうそくを手に犠牲者を追悼しています。

 この事故を1週間取材をしてきましたけれども、国民の怒りは日に日に高まってきていると感じます。

 というのも、警察庁長官の新たな事実が発覚するなど、国民感情を逆なでするような警察幹部らの不手際が連日と次々に明らかになってきているためです。

 事故現場では、涙ながらに国に責任を求め抗議の声を上げる人、あるいは警備にあたっている警察官に大声でののしる人まで表れてきています。

 また、話を伺いますと、皆さん口々に「国は信用できない」と語気を強めていました。

 管轄の警察署が強制捜査されるなど、事故の原因究明は進められていますけども、警察だけではなくて、閣僚の辞任を求める声まで上がっています。このため、政権への大きな打撃となることは避けられません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp