韓国・ソウルの繁華街で150人" />

韓国・ソウル雑踏事故 冨川芽生さんが無言の帰国…「早く根室に連れて帰りたい。みんな待っているから」 (22/11/04 18:40)

韓国・ソウル雑踏事故 冨川芽生さんが無言の帰国…「早く根室に連れて帰りたい。みんな待っているから」 (22/11/04 18:40)

韓国・ソウルの繁華街で150人以上が死亡した雑踏事故。

 亡くなった北海道根室市出身の冨川芽生さんと、その家族が帰国しました。

 11月4日午後2時ごろ、亡くなった冨川芽生さんの遺体が成田空港に到着しました。

 遺体が納められたとみられるコンテナを、職員らが一礼をして出迎えました。

 10月29日、韓国・ソウルの繁華街「梨泰院」で、日本人2人を含む150人以上が死亡した雑踏事故。

 根室市出身で、韓国に語学留学をしていた冨川芽生さんが犠牲となりました。

 事故から2日後、父親の歩さんと家族が韓国に入り芽生さんと対面。

 11月3日には、遺失物センターで芽生さんのノートが見つかりました。

 雑踏事故で娘を亡くした 冨川 歩さん:「冨川芽生。娘の名前です」

 最愛の娘を亡くした歩さんは。

 雑踏事故で娘を亡くした 冨川 歩さん:「芽生も高校卒業まで根室市で過ごしていましたが、札幌市でもたくさん友だちができた。東京でも行くところ、行くところで友だちができた。韓国に渡ってからも、いろいろな国の友だちができて『本当にいい子だった』と、みんな言ってくれた。早く根室市に連れて帰りたい。みんな待っていますから。芽生と仲良くしてくれた友だち、先生、関係者に感謝したい」

 家族は11月4日午後、芽生さんとは別の便で帰国しました。

 芽生さんの遺体も11月5日、根室市の家族の元に帰る予定です。