じりじりと下がり続ける円安の動" />

止まらない円安… その背景にある「日本の国力低下」の正体とは?【風をよむ】サンデーモーニング|TBS NEWS DIG

止まらない円安… その背景にある「日本の国力低下」の正体とは?【風をよむ】サンデーモーニング|TBS NEWS DIG

じりじりと下がり続ける円安の動き。それは私たちに、何を問いかけているのでしょう?

■魚が買えない?買い負けの現状

生鮮市場・鮮魚担当者「マグロはちょっと見通しが立たない。価格も上がってきている。完全に買い負けしている…」

原因は、急激な「円安」による価格高騰。中国を中心とする海外業者に「買い負け」し、魚介類の仕入れが減っているのです。

消費者
「スーパーから魚がなくなることは想定外ですよね。日本国民としては悲しいねぇ」

■止まらない円安 為替介入は?

いまや円安の流れは止まる気配がありません。水曜日(9月14日)には、一時1ドル=145円間近に迫るなど、24年ぶりの円安水準。こうした状況に、鈴木財務大臣は…

鈴木財務相
「あらゆる手段を排除することなしに、やるべきことをやる」

--介入を含まれるか?
鈴木財務相
「あらゆる手段であり、そう考えていい」

「為替介入」について初めて言及。今回は、円安抑制のため、政府が持つ大量のドルを売って円を買おうというものです。

しかし、為替介入は、アメリカと同時に行う「協調介入」がないと効果は限定的とされ、今のところ、アメリカにその姿勢は見られません。

■ガソリン価格が200円超?続く値上げラッシュ

こうした記録的円安に加え、ウクライナ問題によるエネルギーや食糧価格の高騰が、日本経済を直撃しています。

現在、政府により輸入小麦の価格は据え置かれていますが、食料品から、電気、ガスなど様々なものの値段が上がり、今後も上昇が懸念されます。

ガソリン価格も、現在1リットル当たり上限35円の補助金が年末までとされているため、年明けには1リットル200円を超えるとも予想されます。

主婦
「何を手に取っても去年とかよりは高いし、去年より安いものってあるのかなって」
「給料はなかなか上がらないし、出ていくものばかり上がってる」

片や日本の平均賃金はこの30年間ほとんど上がっていません。欧米との差は開き、韓国にも抜かれる状況で、家計の負担は日増しに高まりつつあります。

また円安で原材料費などが高騰。商品価格に転嫁することができない中小企業の「円安倒産」も増え始めています。

帝国データバンクの調査員
「(円安)倒産は景気の事象にちょっと遅れて発生するものなので、徐々に増えていく可能性がある」

■円安から見える日本の「国力低下」

専門家は、円安による日本経済の危機は、一時的なものではないと、警鐘を鳴らします。

経済評論家 加谷珪一氏
「国力の低下、日本企業の競争力の低下です。80年代までの成功体験にあぐらをかいてしまって、日本の製造業は、あまり積極的な技術開発をしなかった。90年代以降、世界市場に占める日本企業の影響力は低下する一方で、円も国際的地位が低下してしまった」

かつて日本は自動車から電化製品まで性能の良い魅力的な製品を次々生み出し、世界に輸出。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と称される、輸出大国に成長しました。 

しかしバブル崩壊後、日本経済は低迷。株価も下落するなど「失われた20年」と呼ばれる時代に突入します。

そうした状況の中、登場したのが―

安倍元総理
「Buy My Abenomics!」

日銀による異次元の金融緩和を柱とするアベノミクス。3本の矢を掲げ、株価は上昇したものの、金融緩和の出口は見つからず、円安に歯止めがかからない現状です。

経済評論家 加谷珪一氏
「本来アベノミクスが目指すべきであった、日本経済の仕組みをちゃんと成長できる体質に変える、この部分はほとんど手つかずの状態で、金融緩和さえやれば経済が良くなるというような政策になってしまった。これでは成長できないのも当然。国力全体が低下している」

実際、日本の「国力低下」は顕著です。2000年に世界2位だった一人あたりのGDP=国内総生産は、28位に下落。

また、スイスの調査機関が公表している「経済的競争力の国際比較」でも、1989年から4年連続1位だった日本は、現在34位に。

さらに、通貨の実力を示す「実質実効為替レート」もドルやユーロなどに対し、円の実力は、51年前の水準にまで低下しているといいます。

こうした状況に、専門家は…

経済評論家 加谷珪一氏
「日本経済の仕組みそのものに問題がある。企業が競争力を付けて、国民の賃金が上がっていかないと、国力は増えていかない。やらなきゃいけないことは分かっていて、なぜかそれに手をつけない、それが今の日本なんだと思います」

国力低下が続く日本。打開策はとられるのでしょうか--

(「サンデーモーニング」2022年9月18日放送より)

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html