また歴史を繰り返すのでしょうか?" />

歴史は繰り返す? 韓国新政権が文在寅前政権への“報復捜査”を本格化|TBS NEWS DIG

歴史は繰り返す? 韓国新政権が文在寅前政権への“報復捜査”を本格化|TBS NEWS DIG

また歴史を繰り返すのでしょうか?政権が交代した韓国で今、前・文在寅政権の疑惑を追及する捜査が動き始めています。

射殺された男性の兄 イ・レジンさん
「反倫理的・反国家的な行いは絶対に容認されてはなりません」

怒りをあらわにする遺族。事件の発端はおととし9月でした。

韓国・YTNのニュース
「公務員が行方不明となり軍と警察が捜索を行っています」

韓国海洋水産省の職員として違法漁業の取り締まりにあたっていたイ・デジュンさんが、延坪島周辺の北朝鮮海域で北朝鮮軍に射殺されました。

韓国海洋警察庁の発表
「漂流予測の分析結果などから、行方不明者は越境したものと判断しています」

当時、韓国の海洋警察庁はイさんが自ら越境を図ったとの見解を示しましたが、イさんの兄は「事件の2日前に電話した時は越境する兆候はなかった」と反論しています。

そして今年、革新系の文在寅政権から保守系の尹錫悦政権に変わると、当局はこれまでの意見を撤回しました。

仁川海洋警察署長の会見
「北朝鮮に越境したとする十分な証拠は発見できませんでした」

保守系の与党やメディアからは、当時の文政権が北朝鮮に配慮してわざと「越境説」を海洋警察に主張させたのではないかと疑う声が出ています。

そして、イさんの兄は22日、文政権が海洋警察の捜査を妨害したとして、当時の政権幹部ら3人を職権濫用などの疑いで検察に刑事告発しました。

射殺された男性の兄 イ・レジンさん
「弟の名誉を回復できる機会を設けなければなりません。厳重に処罰し、大韓民国の品格を守ってください」

韓国では今、こうした前・文政権をめぐる疑惑への捜査が本格化しています。

脱原発政策を推進するため、文政権発足前に任命された発電公共企業のトップらに辞職を促したとされる「ブラックリスト」疑惑。検察は当時の産業通商資源相を拘束しようとするなど、捜査の速度を上げています。

さらに、今年の大統領選挙で革新系「共に民主党」の候補として尹大統領と戦った李在明氏。城南市長時代に許可した宅地開発をめぐる疑惑に関連し、警察が今月、市役所を捜索しました。

こうした捜査当局の動きに、「共に民主党」は「報復捜査だ」と強く反発しています。文政権時代後期に検事総長を務めていた尹大統領は…

韓国・尹錫悦大統領
「過去のことから捜査が行われ、いずれは現政権も捜査されるものです。『共に民主党』政権の時は前の政権を捜査しなかったでしょうか?」

新政権が誕生するとたびたび行われてきた「過去の精算」。今後の捜査の行方が注目されます。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html