1999年に著書「日本の失われた" />

【韓国人たちの反応】

【韓国人たちの反応】

1999年に著書「日本の失われた10年」を出版するなど、日本経済に厳しい提言を続けてきた経済学者・原田泰氏が、韓国メディアのインタビューに答えました。
韓国メディアが「一部では韓国経済が日本を追い越す可能性があると見ていますが」と質問すると、原田氏は
「韓国の人口がもっと早く減少していますから。 韓国の1人当たりGDPの増加率はすでに日本より高く、このような成長傾向が当分続くと思います。しかし、この差は毎年1%ポイント程度です。20年が過ぎれば、韓国と日本の1人当たりGDPの格差が20%減るでしょう。代わりに日本の人口は韓国の2.4倍なのに韓国の人口減少が日本より深刻です。 韓日GDPが逆転しないと見る理由です」と答えました。

韓国の国民的ニュースサイト「NAVER(ネイバー)」から、韓国の反応をご紹介します。

#Kニュース
Voiced by https://CoeFont.cloud and 音読さん